高齢化社会を支える人たち 介護施設は慢性的な人材不足

介護福祉士を目指して

念願の介護福祉士の資格を取った方は、介護福祉士として介護業界で働くことに現実味を帯びたことでしょう。介護現場で高い労働力を発揮したいと考え、明るい未来に向かって飛び立とうとする気持ちで溢れています。
介護現場でベテランの地位である介護福祉士は、往々にして介護福祉士の資格が今の自分に導いていったことを肌身に感じることでしょう。その資格が自分の未来を切り開いていると感じていても不思議ではないのです。その資格を取得するための努力をしてきた甲斐があったと思い、その資格が充実した日々を送れるようにしたことを実感することになるかと思います。介護業界に携わり続けることで、自分が自分であり続けられることを認識しているのです。自分には高い労働力が備わっていることを自覚しだすと、今の労働力を得るまでに日々の研鑽を重ねてきたことを懐かしく振り返るようになります。今の職場でどこまで伸びていけるかを考えるようになり、いつか自分を突き詰めていきたい向上心が湧いてくるようになるかもしれません。誰にでも向き不向きがあり、その人に沿った広大な伸び代があります。その伸び代を伸ばすのは他ならぬ自分自身なのです。自己への探求心の深さが仕事や生活を送っていく上のモチベーションになるといっても過言ではありません。自分の可能性を見逃さず、本来の自然な生き方ができるように手が届く目標を常にもっておくようにしましょう。そうすれば、いずれ目の前に広がる世界が過ごしやすい素晴らしい世界になっているでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です